ブログ運営

アドセンス広告掲載率を考え直す

どうも。近所です(´・ω・`)

いつ追加されたか定かではないのですが、「広告掲載率」なる物がありまして。

説明をざっと読んだ解釈では

このサイトに来る人の行動を見て、あまり必要とされていない広告を出さず、来る人にマッチした広告を出せるようにして収益率を上げますね。

って感じです。

おお!ええやん!と、とりあえず掲載率は収益が100%を切らないギリギリで設定して様子見してみました。自分の場合だと画像の76%がギリギリでした。

この機能が登場して割とすぐ設定したので半月ぐらいはデータ取れてます。たぶん。

ただ一つ致命的な欠点があるとすればこのブログのPVやアクセス数は少ないのでデータとしては信用度が低すぎること(´・ω・`)

それでも良ければみて下さい。

先に効果発表

メリット

こちらとしてはgoogle様を信じるしかないのですが、自分で設定しなくても不要な広告(と判断された)物が自動的に表示されなくなります。

また収益の高い広告が優先的に出されるので1回当たりのクリック単価が上がる可能性があります。

デメリット

その表示されなくなった場合広告スペースは空白で表示される(´・ω・`;)

運用結果

体感できるような単価アップも無くむしろ空白の広告が出て、ブログの見た目が悪くなるしデメリットがデカすぎる。

表示されない広告が何か別の広告が出るならともかく、空白と言うのはデザイン的にかなり痛い。

記事更新して何回か自分のサイト見ましたが何度か広告が無く【スポンサードリンク】の文字だけがポツーンと浮かんでることがありました。

最初なんかコード間違ったかな…とか思って設定しなおしたりchromeの設定初期化とか色々しましたが、これがつい最近原因と分かりましたので掲載率は100%に戻しました。

ちなみに12月に比べ収益は30%DOWN。12月17日から運用していたと考えると50~60%DOWNと言う苦しい感じです(´・ω・`;)

広告表示数やPV数は日数通りの2倍強となっており、クリック率は横ばいなので誤クリックやらペナルティで単価が下がったとは考えにくいので単純に広告単価のDOWNですね…。

スポンサーリンク

ブロックはマニュアルでの設定をおすすめします

正直出したくない広告があるのならマニュアルでブロックの方が得策じゃないかと思います。こちらはブロックなので空白の広告ではなく他の何かが表示されますし。

どの広告が収益率低いかなどは分かりませんが、表示したくない広告があればある程度はそれを指定してブロックできます。

ただ、ブログにコンセプトやテーマがしっかりある場合はブロックはしても良いと思いますが、このブログみたいな色んな事書いてるブログはブロックする必要性をあまり感じません。

近所さんの例ですとブロックしてるのはお名前.com
ちょっと出過ぎですよあなた(`・ω・)m9

お名前.comなんて独自ドメインに興味ある人か、独自ドメインに関する記事を書かないと出てこないので、そういう人はここからクリックして行くより自分で行くでしょ(´・ω・`)
と言う勝手な想像でブロックしてみました。

マニュアルでのブロック方法は左側の広告の許可とブロックからできます。

サイト丸ごとブロック

広告主のURのタブでURLに広告の飛び先のURLを入力。

※間違っても自己クリックしないように注意

ジャンルでブロック

一般カテゴリとデリケートなカテゴリでブロックしたいジャンルのつまみをクリックするとブロックに変わります。

カテゴリをクリックすると細かいジャンルでのブロックも出来ます。スポーツの中でフィットネスはいらないとか。

さらに広告の審査をクリックすると細かい設定もできます。
また、ここで表示割合と収益の割合も見れますので、自分のサイトでの得意不得意を見分けてのブロックも可能。

広告の種類でブロック

広告ネットワークは…これ使うならもういっそサイトごとブロックでいいんじゃない?と思ってますがどうなんでしょう(´・ω・`)

広告配信は飛ばして広告(広告レビューセンター)は先ほどのジャンルごとで細かい設定をした際に見れる物がジャンルでなく一気に見れます。

ブロックするのに意味はあるのか。

ぶっちゃけサンプリングするにはクリック数とか低すぎて、検証もあてにならないので自分はブロックはほぼしていませんでしたが、レビューセンターなどで全て英語の広告とかは見かけたらブロックしてます。

見てる人ほぼ日本人だろうし、英語の広告なんて自分もクリックしようとは思わないし。

あと参考程度に収益の割合は見て、表示率と収益率の乖離がひどいジャンルは一応ブロックするようにしました。

仮に表示率5%だと月10,000回表示としたら500回出てる広告で、収益率0.3%と低ければ他の広告が出ている方が有益な可能性があります。(広告の単価もあるので一概には言えませんが)

クリックされるかは別として単価の高いと言われる不動産や医療系だけ表示すると言う荒業も出来ますし。

こっちの方は今までは放置してたんですが、1か月たったので乖離の酷い物は結構大胆にブロックしてみました。

さてさて…吉と出るか凶と出るか…(´・ω・`)

一度設定しても時期が変われば効果も変わるのでこまめなチェックは必要かなと思います。

国内旅行をお得に予約できるサイト

汎用性の高いポイントとクーポンが魅力の楽天トラベル

お得にホテル・旅館を選ぶならポイントを考えて楽天トラベルが安い!

 

オリジナルプランもOK。特別な旅行を楽しむにはRelax

特別な大人旅にプロ厳選の旅館・ホテルの予約が出来るRelux!

 

新幹線・飛行機・レンタカーを一気に予約できるるるぶトラベル

ホテル・旅館予約の選び方!新幹線を使う場合はるるぶトラベル!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA