30代のライフスタイル

パール金属の圧力鍋は一人暮らしの節約にもおすすめ!サイズや使い方を実用レビュー!

どうも。外食の回数を減らすように努力してる近所です(´・ω・`)

元々料理は得意な方なのでやる気の問題でした。

やはり何もしなくても美味い物が食えると言う贅沢。
自分で作ると準備から片付けまであって面倒ですよね・・・。

しかしその分お金はかかりますので資金がガンガン減っていく・・・。

そこで自炊だ!となりますが、せっかくなら美味しい物を作りたい!

 

そんな時に絶対役立つ【圧力鍋】をおすすめします!

 

 

圧力鍋の扱いは難しい?実は使い方は簡単です!

圧力鍋と言うと料理がめちゃ得意な人が使う物ってイメージじゃないですか?

 

実はそんなこともないんです。

 

コレだけはやっちゃダメ!ってことさえ守れば簡単で時短で美味しいモノができる魔法の調理器具です。

 

 

で、何をやっちゃ駄目なのかと言うと

 

  1. 圧力をかけてる途中にふたを開ける
  2. 容量を超えた量に圧力をかける(目印の線が入ってます)
  3. とろみのあるものに圧力をかける

 

これだけ。

 

と言っても安全のために基本的に開かなくはなってます。

力づくで開けられるのかもしれませんが怖いので実験は出来ません。

 

容量は線が入ってますし、とろみのあるものに注意すれば扱いはホント簡単。

 

 

圧力鍋の基本的な使い方は

 

加熱→圧力がかかる→しばらく加熱し続ける→火を止めて圧が抜けるまで放置

 

と、実は全然触ることないんですね。

 

それなら普通の鍋でもいいのでは?と思われたことでしょう。

なので、圧力鍋が一人暮らしで何故おすすめなのかをまとめました!

 

スポンサーリンク

圧力が一人暮らしでも使える理由3つ

理由1:普通の鍋として使えて深さがある

コレが実は理由としては1番と言っても過言では無いぐらいなんです。

 

 

え?圧力・・・・は?

 

ファミリーの方だと大き目の鍋とかお持ちでこういうお悩みは少ないかと思いますが、一人暮らしで麺類をゆでるときに普通の大きさの鍋だとすぐ吹きこぼれてしまいます。

 

特に男子は1束じゃ足りんので1.5~2束茹でるのでなおさら。
そこで圧力鍋を普通の鍋として使うと深さがあって吹きこぼれないので便利。 

大量のお湯を沸かしてパスタとかうどんとか余裕です。

 

理由2:時短で味よし

圧力をかけて美味しくなるものは「おでん」とか「煮込みハンバーグ」とか「カレー」、「若竹煮」なんかもできます。 

www.kinjyo8835.com

 

おでんなんて材料切って煮込むだけだし一人暮らしにはもってこいなメニューですね。

 

良くガス代節約!と言われますが、実際ガス代の多くは給湯なので料理でのガス使用量はごくわずかなんですね・・・。

 

どちらかと言うと作業の簡単さと時間の短縮の方が大きいですね

 

そしてやはり煮込み料理とかの味の染み具合が全然違いますし柔らかさが段違い

カレーなんかもルウを溶かす前に具材を圧力鍋でちょっと煮込むだけで具材が柔らかく深みのある味わいに。

※ルゥを入れた後は圧力掛けると爆発するので厳禁

 

 

 

難しいメニュー以外もお手軽メニューが載ってるレシピが購入時に入ってますからそれ見ながらでもできます。

 

理由3:めっちゃうまい米が炊けちゃう

炊飯器が壊れた際に圧力鍋で炊きましたがこれがウマいのなんの。

https://www.instagram.com/p/BXZ-70HH6Ip/

炊飯器が壊れたから圧力鍋で炊飯。なにこれ。めっさ旨そう。#米 #料理 #料理男子

 

米洗って炊こうとしたら壊れてたから急きょ圧力鍋で炊きました。

ただめんどくさかったのであんまりやりたくはない(おい

 

 

 で、圧力で炊いた米の美味さに虜になり圧力式の炊飯器を買いました

www.kinjyo8835.com 

www.kinjyo8835.com

 

 

おまけ:料理できるオーラを出せる

キッチンに圧力鍋があるってなんかこの人料理できるんだ!みたいなオーラを見せられます。

 

最後のオチはともかくとして、思ってた以上に使い勝手がいいので割と良く使います。

 

 

使ってみて感じた圧力鍋のデメリット

いいところもあれば悪いところもあるわけです。使ってて感じるデメリットも上げておきます。

デメリット1:慣れないとちょっと怖い

もんのすごいシューシュー言うので

 

これ圧力掛け過ぎて爆発せんやろな…

と最初不安になります。

レシピで「高圧力で10分加熱」とあってもあまりのサラウンドにホンマにええのかと不安になってました。

漫画で良くある蓋が飛ぶ光景が見れてしまうんじゃないかと。

 

 

万が一加熱中に開けたい!となった時は

火を止める→圧力を抜く→安全ロックが外れる

と言う手順を踏みます。

 

まぁ、これしないと気圧の問題で蓋ぶっ飛びますし・・・。

 

デメリット2:使用後がメンドクサイ

圧力鍋は洗い物が特に面倒ですね。
普通の鍋なら本体と蓋ぐらいのもんですが、圧力鍋は内ゴムを外して圧力調整パーツを外して…があります。

と、言っても脱着は簡単なので洗うパーツがちょっと増えるぐらいの物。

そして、圧力を掛ける為重厚な作りなのでちょっと重い。
洗い物がややしんどいですね

 

そしてデカいので場所を取ります。これは仕方のないことですけどね。

 

デメリット3:価格が高い

当たり前ですが普通の鍋に比べたらやはり高い。

ですが個人的には値段の差を吹き飛ばす使い勝手とお味に仕上がると思ってます。

値段もピンキリですが安全性の検査はしてあるので
安いと蓋が吹っ飛ぶなんてことはないのでご安心を。

性能の違いだったりがほとんどですね。
値段が高いとより強い圧力がかけれるとか、圧力を調整できるとか。

 

 

スポンサーリンク

一人暮らしにおすすめはサイズも選べるパール金属の圧力鍋!

圧力鍋もサイズが色々あります。

 

しかもそのサイズ感は【●●L】と、リットル換算されているので、どれを選べばいいかな?と悩んでしまいます。

 

 

そこでざっくりとこれぐらいですよ!

 

と、一人暮らしにはおすすめなサイズ感をまとめました。

 

小食な方、女性は3.5L

 

圧力鍋としては小ぶりな部類に入ります。

あまり量を作らないと言う方にはこの大きさで十分。

 

2人前ぐらいまでならこの大きさで対応できますが、結構ギリギリになるかもしれません。

 

 

男性の一人暮らしや新婚さんには4.5L

愛用中の私もこのサイズです。カレーなら箱半分程ぐらいを作れます。 

もしも結婚して子どもが出来てもまだまだ現役で使えるサイズ感。

 

 

ファミリー向けサイズの5.5L

 

こちらは完全にファミリー向けサイズ。

一人暮らしで使うには持て余してしまうのではないでしょうか。

正直4.5Lでも一人暮らしでなら1食分以上は作れます。

 

 

 

パール金属がおすすめの理由

圧力鍋も色々なメーカーがありますが、なぜパール金属をおすすめするのか。

 

まず第一に自分が6年使ってきてるからですね。

パール金属の圧力鍋は他の圧力鍋よりお手頃価格と言う事と、パール金属っていうメーカー名は知っていたので購入しました。

 

これは後から知りましたが他のメーカーに比べかけられる圧力が高めになっています。

高い圧力により圧力鍋の中でもさらに時短が可能になっています。

 

そして日本の新潟工場で作られており、万が一壊れた場合修理も早く、パーツも公式はもちろん通販でも手に入りやすいと言う利点があります。

 

 

 これらがパール金属の圧力鍋をおすすめする理由です。

  

スポンサーリンク

その他の料理系記事

www.kinjyo8835.com

www.kinjyo8835.com

www.kinjyo8835.com

 

 

国内旅行をお得に予約できるサイト

汎用性の高いポイントとクーポンが魅力の楽天トラベル

お得にホテル・旅館を選ぶならポイントを考えて楽天トラベルが安い!

 

オリジナルプランもOK。特別な旅行を楽しむにはRelax

特別な大人旅にプロ厳選の旅館・ホテルの予約が出来るRelux!

 

新幹線・飛行機・レンタカーを一気に予約できるるるぶトラベル

ホテル・旅館予約の選び方!新幹線を使う場合はるるぶトラベル!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA