30代のライフスタイル

個人ブログでFacebook広告の出し方や効果などレビューまとめました!

どうも。調子に乗って初めて広告を掲載してみました近所です(´・ω・`)

 

これまで広告は出てるのを見たりクリックしたりするだけでしたが、今回初めて【広告主】になってみました。

 

ブログ用ページをお持ちの方は気になると思います。

結果的には、最低金額だとアクセス数は見込めませんが、広告として考えたらクリック率25%とハンパねーです。

 

 

 

 

Fecebook広告とは?

Facebookを使ってる方は見たことあるタイムラインに紛れ込んでいる広告です。

 

実際に近所が出した広告をご覧ください。

 

 

少し前に作成したタイヤの交換記事です。

 

こんな風に広告を出して宣伝したい!!って記事があればそれに絞って宣伝も出来ます。

 

 

ブログその物を知ってもらいたい!と言うのであればブログとしての広告を出すことも出来ます。

 

 

必要なのはビジネス用のFacebookページだけ。個人用だと広告を出すと言う選択が出てきません。

 

このFacebookページも無料で簡単に作成できますので、お持ちでなければサクッと作って下さい。

 

 

【補足】ビジネス用Facebookページの作り方

 

For PC

左側のサイドバーから【Facebookページ】をクリックし【Facebookページを作成】

【ブランドまたは製品】と言う窓にカテゴリ選択があるので【ウェブサイト】にしてブログ名を入れたら完成。

 

 

For スマホ

右上の三本線をタップしFacebookページを作成をタップ。

あとは説明通りにやれば完成。

 

 

こんな説明じゃわかりにくいわ!!

 

 

って方はこちらの方の記事をご参照ください。

ブログのFacebookページの作り方 匿名で作れるよ – イロイロひとりごと。

 

 

めっちゃ分かりやすい。

 

 

ページを持っている方はブログを投稿しました!のお知らせをFacebookページに投稿すると、広告を出せますよ!って案内が出てきます。

 

 

スポンサーリンク

Facebook広告の出し方の詳しい手順と設定方法

先ほどの画像のように広告を出すをクリックするとこんな感じの画面に。

 

 

 

 

 

広告プレビューの左側に設定すべき物が出てきます。その設定方法などを上から解説して行こうと思います。

 

↓ 設定すべき項目一覧 ↓

 

 

 

広告の目的

とにかくアクセス数が欲しい!と言う宣伝か

コメントやイイねが欲しい!と言う宣伝か

 

 

 

ボタンを追加

デフォルトでは【詳しくはこちら】ですが、【登録する】とかに変更可能です。

個人経営のお店とかでしたら【問い合わせする】とかでもいいですね。

 

 

オーディエンス

広告を配信するターゲットを絞れます。Facebookは全世界と繋がってますから、海外向けの広告だってもちろん可能です。

 

 

地域・年齢・趣味などで対象者を絞れます。

 

 

デフォルトでは地域が現在地周辺(居住地と思われます)で設定されていたので、都道府県を消して日本にしました。

 

 

コレも個人経営のお店でしたら地域を超絞っての宣伝が出来ます。

そのため広島の人に京都のお店の広告が出ないように調整できます。

 

 

一応範囲として広すぎる・狭すぎるなど大体の感覚も下に表示されていますが・・・【日本】でも広すぎるには入らなかったので参考程度に。

 

ニッチな事や地域的な内容なら最初からガッツリ絞っても良さそうです。

 

 

予算と掲載期間

 

注意書きにもありますが1日最低100円から予算を掛けられます。

 

画像のように600円で6日間なら問題なしですが、これを金額そのまま(600円)で7日間とかに指定は出来なくなっています。

 

 

最低額なので1日あたり200円にするとかももちろんOKです

 

 

支払い

広告料はクレジットカード・Paypal・Facebook広告クーポンから選べます。

 

 

 

これらを全て行えば晴れてFacebookに広告が登場します。

 コレと言って難しい操作や知識は必要なくサクッと終わります。

 

 

【補足】なぜタイヤ通販の記事を広告に出したか

元々を言うとこれまでもFacebook広告は興味があったんです。

 

 

しかし万人受け出来るような記事じゃないとか、広告出してもクリックされないんじゃない?って記事が多かったので出してませんでした。

 

 

今回のタイヤの記事なら、「車を持っていれば誰でもぶち当たるだろう出来事」だと思ったので広告を出せば結構いい線行くんじゃない?とコレにしました。

 

 

 

Facebookの広告の効果測定!気になるコスパは!?

 

やるからにはしっかり効果を見極めないとね!

 

 

一応毎日変動を見てきましたが1日100円予算は変更せず、途中に一度オーディエンス(対象者)を絞り込みしました。

 

 

それまで日本・20~60代に広告を出す設定にしてましたが、実際にクリックされたのが25~45歳の男性しかいなかったので【日本・20~55歳の男性】に変更。

 

 

こういう事もサクッと簡単に出来るのも嬉しい。1回の広告期間中にターゲットをより絞って効果アップが狙えます。

 

 

 

女性だとタイヤ交換とか安くしたい!って人も多いと思ったのになぁ・・・・。

 

 

って思ってたんですが、

 

 

私なら通販で買わず、ディーラーさんとかショップ、家族の男の人に任せるわ・・・

 

 

ってリアルな声を聞きました。

 

 

 

なるほど。そりゃそうか。

 

 

中間地点(12/13)での効果は

 

  • 600円予算の内365円を消化
  • 225人に宣伝し内12人がクリック
  • クリック率にして18.75%
  • 1CTR(クリック単価)は30円

 

 

最終結果は

  • 350人に宣伝内14人がクリック
  • クリック率にして25%
  • 1CTRは42.8円

 

つまり600円かけて6日間で増えたアクセス数は14と言う結果。

 

1日2.3人増なので誤差の範囲と言うのもおこがましいレベル。

 

 

さて、これを見て

 

600円かけてそんだけ!?すくな!!!

 

 

って感じた方は一般的な感覚を持ってる方

 

 

 

1CTR42円!?クリック率25%!?コスパ良いやん!!!

 

 

って感じた方は広告の知識を少なからず持ってる方

 

 

 

もしこれをGoogle先生にお願いした場合

タイヤ 通販 と言う記事内容に近いキーワードなら入札単価が180円ぐらいなので同じクリック数を得るのに必要な予算が2,000円を超えてきます。

 

 

今回興味があるものは指定しませんでしたが、【車・ドライブ】などを指定するとまた違う結果になってるでしょう。

 

 

内容的にそこまで車に興味のない人向けなので、指定すると良くなるかどうか微妙だったので空白にしてました。

 

 

もちろんGoogleには宣伝力などが違うので単純にFBがイイ!とは言えませんけどね。

 

 

スポンサーリンク

FB広告の結論はコスパ良し!効率は微妙

今回はやってみて、「コストパフォーマンス」と言う面ではかなり良い広告だと思います。

 

600円使って300人を超える方にアプローチしていると考えれば中々の物ですし、クリック率も25%程と悪くはないどころか【日本の20~55歳の男性】ってだけの条件で出した広告って考えたら恐ろしい数字です。

 

  

アドセンスやってる方は1日の広告クリック率とか見てると思いますがクリック率は1%とかの世界ですからね・・・。

 

 

ただ、正直なところ1日で見るとアクセス数でのプラスは一ケタなので、この金額を使うぐらいならやってもやらんでも変わりません。

 

 

来ていただいた方の中から

 

 

お?コイツおもろいええ記事書くやん?

 

って方がいらっしゃれば万々歳と言うところ

 

今回興味があったので広告出してみましたが、ラーメン1杯分を我慢する価値があったかどうかと言われると・・・・。

 

まぁ、ネット広告を1日100円予算とか通常なら広告出せるかも怪しいレベルなので、興味本位でやるなら面白いですが、本気で集客するならもっと予算を積まないと・・・って感じでしょうね。

 

 

逆に言えばガチで予算つぎ込めば結構な効果を得られそうな気がします。

 

 

気になってみたのでやってみましたがおもしろいですね。広告。

 

 

www.kinjyo8835.com

www.kinjyo8835.com

www.kinjyo8835.com

 

 

国内旅行をお得に予約できるサイト

汎用性の高いポイントとクーポンが魅力の楽天トラベル

お得にホテル・旅館を選ぶならポイントを考えて楽天トラベルが安い!

 

オリジナルプランもOK。特別な旅行を楽しむにはRelax

特別な大人旅にプロ厳選の旅館・ホテルの予約が出来るRelux!

 

新幹線・飛行機・レンタカーを一気に予約できるるるぶトラベル

ホテル・旅館予約の選び方!新幹線を使う場合はるるぶトラベル!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA