レビュー・経験談

「スピングルムーブ」と言う国産スニーカーの評判を全力レビュー!

どうも。ついに行ってしまった近所です(´・ω・`)

スニーカーと言うとやはり「ニューバランス」とか「ナイキ」とか「コンバース」・・・このあたりが定番ですが、カジュアル度が高いですよね。

 

革靴までカッチリさせたくないけど、カジュアルスニーカーじゃないものが履きたい。

そんな思いを叶えてくれる大人スニーカーがスピングルムーブです!

スピングルムーブとは

made in Japan。made in Bingo
備後地方は広島県府中市にある日本の職人気質が詰まったシューズメーカー。

 

特にスニーカーのデザインはちょっと癖があって独特です。
かなり好き嫌いはっきりするかもしれません。

 

名前の由来はspin + ing + gle + move。

spin=回る、ing=進行形、gle=ぐるぐる回る、move=動く。

常に動き続けるという意味を持ったブランドです。

ブランドの特徴

1893年にアメリカで確立され、現代ではあまりの手作業量に敬遠されがちなドデカイ窯を使う「バルカナイズ製法」を使う。

 

一般的には使わないウナギの革なんかも使ったりして、手作業で組み立てる。

まさに【職人】と言うモノヅクリを貫いています。

 

今あるモデルの大半は牛革カンガルー革。最近キャンパスも増えてきました。

 

 

特徴的なのは公式で修理もしてもらえます。
さすがに革の張替は出来ませんが底の補修や内生地の張り直しはお手の物。(有料)

 

元々ゴム製造会社でそのノウハウを生かした職場向けシューズの製造なども行い、さらにその技術をスニーカーやビジネスシューズにも生かしています。

SPINGLE COMPANY | スピングルカンパニー | 広島県府中市から誕生したスニーカーメーカー

スポンサーリンク

スピングルムーブのブランドは大きく3つ

SPINGLE MOVE(スピングルムーヴ / メンズ・レディース)

カジュアルラインでありブランドの源流。

駅ビル系のショップなどで一番取り扱いの多いブランドになります。

 

 

SPINGLE Biz(スピングル ビズ / メンズ)

スニーカーで得た疲れにくさやシルエットなどのノウハウを生かしたビジネスモデル。

見た目はビジネスシューズですが、履きやすさは革靴とは段違いです。

 

SPINGLE nima(スピングル ニーマ / レディース)

女性向けのバレーシューズやブーツなどを展開するモデル。

カッチリ系の多かったスピングルムーブとは一線を画すモデルで、これまでスピングルムーブを履きにくかった女性におすすめ

 

 

購入モデルSPM-066を全力レビュー

見た目

全体図

ね?ちょっと独特でしょ(´・ω・`)

ソールのゴムが凸凹していてつま先までくるむような感じです。

これがスピングルムーヴらしさ。

 

本体部分はカンガルー革を使っているので使い込むほどに味が出ます。

今回のモデルはどちらかと言うとベーシックなモデル。

も少しヨーロピアン風なデザインもあります。

前から見た感じ

こんな感じでかなり独特な感じの雰囲気。

後ろはこんな感じ

前と同じくこっちもぐるりと巻き上げてる。

色はライトグリーンと言うかなんというか

ホントは赤系を求めていったんですがこの色に一目惚れしました。

いやいや、赤とか緑とかさすがに手が出せんわ・・・と言う方もご安心を。

このモデルの基はド定番なのでちろんベーシックな白とか黒もあります。

 

と言うか、基本的に白、黒、青、赤、茶色あたりでこの緑はこれだけでした。

ニューバランスと履き心地比較

こちらのスピングルムーヴを生み出すバルカナイズ製法は、ソール(底)とアッパー(本体)を高熱で接着する製法でゴムメーカーならではのクッション性です。

 

ニューバランスはソールなどに新素材などを使いクッション性を高めているハイテクスニーカーですがこちらはゴムの弾力性が中心のローテクスニーカーです。

 

感覚的に言うとニューバランスはアルファゲルみたいな感じで衝撃を吸収するのに対し、スピングルムーヴはゴムらしく弾き返すという感じ。

 

ニューバランスはグッと力強く踏みしめても足が痛くなりにくく、スピングルムーヴの方はソールのスポンジには化粧道具のパフにも使われる素材を使用しているそうでふわっとした履き心地でした。

 

ニューバランスの方がアウトドアや雨の日でも気軽に使えますね。

スピングルはゴム底なので雨の日は滑りやすく、上が革素材なのでちょっと気を遣うかな?

 

総評としては履き心地の抜群なレザーシューズと言う感じ。

機能性と言う面ではやはりハイテクスニーカーであるニューバランスに軍配。

 

ただニューバランスはピンからキリまであるので廉価版だとそれ相応の履き心地です。

履き心地なんて捨ててるも同然なレザーシューズとニューバランスを比較できるレベルと思えばかなりスゴイ事ですが。

 

重さ 

レザーシューズってぐらいだから重たいんじゃないの?ってことで量ってみました。

片方で356gと想像以上の軽さ

ちょっと大きめのステーキぐらい?

分かりにくいわ!

 

調べてみると卵1個で約50gらしいので卵7個分。

ドンピシャな重さだと350ml缶1本分とかなり軽い。

お値段

まぁ・・・・お値段だけで見たらお高いですわ。
1足安くても1万5000円前後。高い物だと2万は超えてきます。

今回のモデルは18,000円(税抜)

 

ただ、レザーで長く使えて手作業の多い職人気質なアイテムと思えば価値は充分。

普通に革靴買ってもそれなりのグレードのはこれぐらいしますし。

この辺は価値観の問題なので参考までに。

サイズ感

手作業が多く大量生産出来ない為か1cm刻みです。

 

近所のスペックは26.5~27で、典型的な日本人らしく甲がワイドなので世界共通デザインのナイキやコンバースはちときつい感じ。
※日本国内モデルは日本人向けのサイズ感です。

 

今回履いたところまさにジャスト言う感じ。

スニーカーになれてると踵のつなぎ目部分が当たってちょっと最初は気になるか?と言う程度。

 

今回のはローカットですが、サイドゴアのミドルカットなどちょっと高さのあるモデルもあります。

お手入れ

さすがに革製品なので普通のスニーカーと同じとはいきません。

どっちかと言うとビジネスシューズに近く、靴クリームなどの手入れがいるそうです。

ゴム部分や内側の剥がれはその時の混雑具合によりますが1か月あれば有料修理が可能だそうです。

スポンサーリンク

2017.12.01 履き心地について 追記

購入から夏・秋・冬と履いてきたので実体験を書いていきます。

履き心地

これを履いて街中を結構な距離歩いたりしました。

ニューバランスに比べるとやはりレザースニーカーでジャストフィットな分少し足が痛むことも。

とは言え普通に履く分にはなんら支障ありません

 

不安だった夏場の芳醇な香りも特に発生せずでした。

上にも書いている「つなぎ目が当たってかかとが痛む」件に関しては、履いてるうちに馴染んだのか慣れたのか気にならなくなりました。

 

欠点としては、どうしてもレザー(と値段)が心配な故、雨の日は履かなかったりちょっと物が当たったら傷がつくなぁ・・・とガンガン履きまくる!とちょっと過保護気味に扱ってしまう点。(要するに自分の問題)

お手入れについて

数か月経ちましたがスイマセン、レザークリームとか一切手入れしてません。一応風通しのいいとこ(靴箱に入れない)だけはしてます。

 

それでもへたりは今のところ全くなく、いい具合に皮も馴染んで履きやすくなってると思います。

総評

最初からめちゃんこ履きやすい!ってモノではないですが、ノンウォッシュのデニムと同じく長く付き合えて、自分の形になっていく愛着の沸くアイテムだと思います。

 

何より劣化して「はい、終わり」じゃなく修理しても使えるので、価格は張りますが、その価値は十二分にあるものだと断言できます。

スピングルムーブが気になる方は是非一度お試しください!
 

 

 

国内旅行をお得に予約できるサイト

汎用性の高いポイントとクーポンが魅力の楽天トラベル

お得にホテル・旅館を選ぶならポイントを考えて楽天トラベルが安い!

 

オリジナルプランもOK。特別な旅行を楽しむにはRelax

特別な大人旅にプロ厳選の旅館・ホテルの予約が出来るRelux!

 

新幹線・飛行機・レンタカーを一気に予約できるるるぶトラベル

ホテル・旅館予約の選び方!新幹線を使う場合はるるぶトラベル!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA