レビュー

Neewerの激安レンズフィルターキットは200%おすすめ損無しの一品!

フィルターアイキャッチ
  • 手軽にキレイな写真を撮りたいからいい物知らない?
  • Neewerって安いけど一抹の不安が・・・
  • 安物買いの銭失いにならない?

いきなり断言しましょう。

今回紹介するキットは買わなきゃ損。

それは激安レンズメーカーNeewer(ニューワー)の【レンズフィルター+クリーニングキット】になります!

 

と言う事で、レンズ沼にずぶずぶ沈みそうな近所でございますよ(´・ω・`)

このブログでも紹介している中国の激安レンズメーカーNeewer。

Neewerレンズアイキャッチ
激安交換レンズ!α6500×NEEWER 35mm、F1.2をレビュー!Neewer製【35㎜、f1.2】の単焦点交換レンズが激安でおすすめ!実際にα6500に付けて色々と撮影してみました。フルマニュアルなので最初は癖がありますが、慣れると背景ボケの素晴らしい写真が撮れます!...

 

あまりのレンズの安さにポチった後に

これもおすすめやで!

って出されたのが今回紹介する「フィルター+クリーニングキット」

 

こんだけ色々入って2,500円程(ブログ主購入価格)とめっちゃお得!

コスパ良すぎってレベルじゃないアイテムで、カメラをより一層楽しみたいならマストバイです!


NEEWER(ニューワー)ってこんな会社

会社のイメージ

中国のカメラ関係の機材を製造販売しているメーカーで超絶安い。

私もf1.2と言う絞り値で新品8,000円程と言うとてつもない安さに飛びつきました。

Neewerレンズアイキャッチ
激安交換レンズ!α6500×NEEWER 35mm、F1.2をレビュー!Neewer製【35㎜、f1.2】の単焦点交換レンズが激安でおすすめ!実際にα6500に付けて色々と撮影してみました。フルマニュアルなので最初は癖がありますが、慣れると背景ボケの素晴らしい写真が撮れます!...

 

国際規格【ISO9001】も取得している結構しっかりした会社なので、安いけれど品質がクソってことはありません。

 

ISO9001ってなーに?

国際標準化機構によって「一定以上の品質を保証している会社です」というお墨付きの称号。

取得には、資産運用や品質維持・向上の仕組みも必要

 

レンズの種類が豊富とは言えませんが、撮影に慣れてきたので【単焦点レンズがとりあえず欲しい】って方は一考の余地ありです。

  • オートフォーカス(AF)は出来ませんのでピント合わせは自力(MF)。
  • 絞り値合わせも手動です

 

詳しくはレンズレビューの記事で解説中

激安交換レンズ!α6500×NEEWER 35mm、F1.2をレビュー!

スポンサーリンク

Neewerのフィルターキットは中身が有能すぎる

Neewerフィルター

セット物と言うと

こんなんいつ使うねん・・・

と、突っ込みたくなるような代物も入ってることが多いですよね?

 

という事でパッケージ内容をご覧ください。

パッケージ内容
  1. フィルターセット(UV、CPL、FLD)
  2. NDフィルターセット(ND2 / ND4 / ND8)
  3. マクロクローズアップセット (+1、+2、+4、+10)
  4. キャリーポーチ (3枚)
  5. 花形レンズフード
  6. ラバーレンスフード
  7. スナップオンレンズキャップ
  8. キャップストラップ
  9. マイクロファイバーレンズクリーニングクロス

 

分かりやすく種別で説明すると

  • フィルターだけで10枚
  • そのフィルターを入れるポーチが3枚
  • レンズフードが2種類
  • レンズキャップとストラップ
  • クリーニングクロス

 

ぶっちゃけコレ買っとけば撮影を格上げできるフィルターが網羅できます。

それぞれの使いみちについて解説していきます。

フィルターセット(UV、CPL、FLD)とは

フィルター3枚

個人的にはこのセットの中では使う頻度がそこまで高くないフィルター達。

ある意味「こんなんいつ使うねん・・・枠」

UVフィルター

UVフィルター

文字通り紫外線をカットするフィルター。

人間の目では紫外線が見える人は居ませんがカメラでは紫外線も写ってしまい、どうなるかと言うと若干青みがかった写真になります。

 

それを取ってくれるのがUVフィルター・・・なんですが、ぶっちゃけ撮り比べないと分からないレベルです。

CPLフィルター

CPLフィルター

英語で言われるとチンプンカンプンですが、日本語にすれば【偏光フィルター】です。

車の運転やスポーツをする人だと馴染みのある【偏光サングラス】と同じ効果を得られます。

仕組みについては省略しますが、簡単に言うと水面やガラス面の反射を抑えられます。

 

この3種の中では一番使えると思います。

FLDフィルター

FLDフィルター

紫外線と似たような色調整フィルターです。

蛍光灯の下で撮る際に起きる黄緑がかるのを防ぐフィルターですが・・・・

このキットの中では一番使わないアイテムかも知れません。

 

なぜならホワイトバランスで設定できるカメラが当たり前になっているから・・・。

スポンサーリンク

NDフィルターセット(ND2 / ND4 / ND8)とは

NDフィルターセット

NDフィルターは全体を暗くしてくれるフィルター。

数字が大きくなるほど暗くなります。

 

そんなもんいつ使うの?

シャッタースピードを長くする時に使います。

 

例えば・・・

  • 水の流れを線のように撮りたい
  • 昼間のタイムラプスを撮りたい

こんな時に使います。

 

詳しい方法はこの記事では省略しますが、簡単に言うと【シャッタースピードを10秒など遅く設定】します。

すると星空ではこんなものが撮影できます。

星の軌跡写真

※数枚写真を合成しています。

 

撮影方法を詳しく知りたい場合はコチラの記事で解説中

α6500で星空撮影!軌跡の写真に必要な設定と機材・手順を全公開!

 

で、シャッタースピードを遅くするほどたくさん光を取り込むため明るくなります。

 

もうお分かりですね。

昼間にコレをやったらただの真っ白な写真になります。

そのため、NDフィルターで暗くして見えるようにするワケです。

 

手ブレ厳禁なので基本は三脚とかレリーズを使ってやる撮影方法となります。

また日差しが強くてめちゃくちゃ明るい時にも使えますので結構万能なフィルター。

マクロクローズアップセット (+1、+2、+4、+10)とは

マクロクローズアップフィルター

こいつが超イチオシ。

 

カメラには焦点距離と言うものがあり、それ以上に近づいての写真が撮れません。

しかし、このフィルターを使うことでその壁をぶち破れます。

 

数字は1~10まであってが大きくなるほど倍率が上がってより近づいて撮影可能に。

その効果は絶大で極端な話マクロレンズの代わりが務まるレベル。

マクロレンズを買おうと思うと激安レンズNeewerでも7~8,000円しますからね・・・。

 

そんなクローズアップフィルターが倍率違いで4枚も揃えられるのは素晴らしいと思います。

ただ、通常の範囲から限界突破しているのでピント合わせはシビアになります。

クローズアップフィルター試し撮り!

実際問題どれぐらい近寄れるかを試しどりしてみましょう。

フィルター無し
クローズアップフィルターなし

この構図をスタートにしてフィルターを変えていきます。

ピントを合わす対象はぞう

※後の家は背景の参考用です。

 

クローズアップ+1
クローズアップフィルター+1
クローズアップ+2
クローズアップフィルター+2
クローズアップ+4
クローズアップ+4
クローズアップ+10
クローズアップ+10

ここまでピントの距離に違いがでます。

 

実際に模型やジオラマで使うと背景ボケまくりな写真が撮れます。

模型クローズアップ

※呉の海上自衛隊資料館で撮影(Neewerレンズに+2フィルター使用)

なんと重ね付けて足し算可能!

またこのフィルターのメリットは重ね付ができること。

例えば+4と+2を重ねれば+6相当のクローズアップが可能で、なんなら4枚全部重ねることも可能。

 

全部重ね付けするとどーなるのん?

やってみましょう!!

 

クローズアップ+17(全重ね)
クローズアップ+17

もはや少しでも耳や鼻など顔の前後のパーツすらボケてしまうレベルまで近づけます。

花とかに思いっきり近づいて撮るマクロ撮影が大好きな人は買って間違いないフィルターでしょう!

スポンサーリンク

フィルターケースとクリーニングクロス

フィルターケース

これだけ実用性の高いフィルターがいくらあっても、ケースがないと持ち運びにくいし傷や割れのリスクがありますよね?

 

このキットを買えばそんな心配も無用!

4枚のフィルターが収納・保護できるケースが3枚ついてきます。

フィルター収納スペース

12枚保管可能なのであと2枚分余裕があるという心遣い。

さらにフィルターは取り外しの際などに指紋が付きやすいので、クリーニングクロス付は地味に嬉しい。

花形・ラバーレンズフード

レンズフード2種

両方共光を遮る効果がありますが、ちょっとだけ用法が違います。

花形レンズフード

花形レンズフード

こちらが通常使うレンズフード。

太陽光が強い日やライティングの強いところだとフレアやゴーストと呼ばれる、光の映り込みが・・・・。

そこでレンズフードを付けて余分な光が映り込まないようにできます。

 

ただし・・・純正レンズには取り付けできませんでしたのでNeewer製レンズ専用みたいな感じです。

逆にNeewer製レンズには純正花形レンズフードが取り付けられませんでした。

 

Neewerレンズ購入者の場合はより一層お役立ちすること間違いなしです!

ラバーレンズフード

ラバーレンズフード

じゃあこの丸形はいつ使うの?

例えば・・・東京スカイツリーの展望台から町並みを撮りたい!

 

でも・・・普通に撮るとこんな感じでガラスに内側が反射してしまいますよね?

※海の部分に写り込みがあるのが見えるでしょうか・・・?

 

 

この丸形フードを使ってガラスにピッタリフィットさせることで、その反射を極力減らして撮影できるようになります。

 

ただ、装着すると上の写真のように四隅が黒くなるのでトリミング(切り取り)は必要です。

 

つまり・・・花形レンズキャップがある理由はコレ。

横を短くすることでこの四隅の黒が写り込まなくなるってワケです。

スポンサーリンク

2,000円で買える超絶おすすめキット

玉ボケラムネ瓶

※これも呉で撮影(Neewerレンズのみ)

 

もう一度断言しましょう。買わなきゃ損です。

クローズアップフィルター1枚でも名の通ったブランド物なら数千円する代物です。

 

カメラの楽しさを数十倍にもしてくれるので、ぜひ手に入れてカメラライフを楽しんで欲しいと思います!

あ、フィルターもカメラも全部入れて持ち運びしたい!!って方はこちらのカメラバッグがおすすめです。

カメラバックアイキャッチ
理想のおすすめカメラバッグ!たどり着いたショルダーバッグのレビュー! どうも。カメラバッグで堂々巡りの近所です(´・ω・`) 一眼やミラーレスを買ったらお出かけの際は必ず持ち運びたいで...

 

以上!Neewerの激安レンズフィルターキットは200%おすすめの絶対損無しの一品!でした!

 

Neewerレンズアイキャッチ
激安交換レンズ!α6500×NEEWER 35mm、F1.2をレビュー!Neewer製【35㎜、f1.2】の単焦点交換レンズが激安でおすすめ!実際にα6500に付けて色々と撮影してみました。フルマニュアルなので最初は癖がありますが、慣れると背景ボケの素晴らしい写真が撮れます!...
フィルターアイキャッチ
一眼レフカメラにおすすめのレンズフィルターで何倍も撮影を楽しく!一眼レフカメラを使い始めたらぜひおすすめしたい「手軽」で「劇的に写真が変わる」フィルターです。偏光フィルターやクロスライトフィルターは価格も安いので間違いないアイテム。実際に撮った実例写真と一緒にどうぞ。...
星空撮影アイキャッチ
α6500で星空撮影!軌跡の写真に必要な設定と機材・手順を全公開!一眼レフカメラの醍醐味とも言えるきれいな星空写真。その中でも星の軌跡が線で見える写真撮影の設定・機材・方法をまとめました。初めての方でも星空撮影をしてみたい!と言う方に見て欲しい記事です。...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Scroll Up