ライフスタイル

新入社員が仕事を辞めたい・辞めるその理由を小売業界の元販売員が解説!

どうも。心はいつでも新入社員。近所です(´・ω・`)

 

気持ちも新たに意気揚々と4月に入社した新入社員も、早い人であれば夏休みを前に退職してしまいます。

 

「辞めます」の意思表示をして辞めるのはまだ良い方で、中には突然音信不通になって書面で退職届けがくる・・・なんてことも。

 

特に小売業界ではその離職率はめちゃくちゃ高く30人採用して3年後の在職率は10%程です(実体験)

 


 3年で新卒の30%は辞める

良く言われる言葉で「3日、3カ月、3年」と言う辞め時(?)があります。

バイトは3日、新卒が3カ月、入社から3年で辞める人が増えると言う物。

 

では入社後3年で辞める人はどのくらいいるか・・・?と言うと2016年の段階でも31.9%が離職しています。

 

これは大卒の値で高卒・短大は40%、中卒は63%が離職してます。

 

この辞めてしまう人の中でも約4割が1年目で離職。中卒では約7割が1年以内に辞めています。

高卒の入社が100人いたら40人が3年以内に離職。

その40人の中でも16人が1年目で離職します。

 

ではなぜここまで離職率が高いのか・・・実際に聞いた退職理由から探ってみたいと思います!

スポンサーリンク

新入社員の離職理由トップ3

実際に先輩として

 

○○(理由)で辞めたいと思います・・・。

 

と言われた(聞いた)理由の中で多い理由をチョイスしました。

仕事内容が思ってたものと違った

「富士山は外から見るのが美しい」

よく聞く格言ですが仕事もまさにコレだと思います。

 

販売職と言うと

  • キラキラ輝く自分
  • 良く来られるお客様に楽しく接客
  • おしゃれなアイテムに囲まれてカッコいい売り場作り

 

こんなイメージをお持ちではないでしょうか?

 

ですが、販売職の退職理由でよく聞くのは「接客がしたくて入ったのに…」と言うフレーズ。

 

実は販売職は接客と同じかヘタしたらそれ以上に色々な仕事があります。

  • レジ業務に追われ
  • タイムセールの声出し
  • データを見て商品の発注
  • 地味にストックの整理
  • パート・アルバイトさんのマネジメント

 

入社後にこのあたりの事をしっかり教え込まれます。

最初はもちろん接客を最優先にと言われますが最終的には「社員は接客しなくていい」と言うレベルになってきます。

理想は「店長がサポート、スタッフが接客」と言われます。

店長の延長がエリアマネージャーなのである意味接客から離れるのは当たり前ではあります。

 

カリスマ販売員みたいに生涯バリバリ接客しまくる!

 

って心意気だと接客と作業の両立が出来ずここで心折られます。

人間関係がキツイ

これははっきりと言う人は少ないですが内に秘めたる理由として大きい。

理想の職場のアンケートでも

  1.  人間関係が良い
  2.  良い上司・同僚に出会える
  3.  賃金が高い

 

給料を抑えて人間関係に関することが1位・2位になっています。

 

賃金は書面で何となくつかめますが人間関係って入ってみないと分かりません。

 

  • 表面的には仲良く見えても実はバッチバチだった・・・(実体験)
  • 裏でめちゃくちゃ悪口言いまくってる・・・
  • 部署や支所によって全く雰囲気が違う・・・

 

これを言うと元も子もないですが、【配属先の運次第】と言えますね。

 

さらに学生の時は自分と近い世代の人だけだったのが自分より年上だらけは当たり前となり、さらに親やそれ以上の年齢の人と関わるので接し方が分からなく悩む人も多いようです。

 

ですが、この悩みは新卒側だけでなく上司となる側も同じ悩みを抱えています。

40代・50代の人からすると新卒は息子・娘と同じ世代ですからね。

周りの友人と比べて心が折れる

販売職ははっきり言って薄給激務です。

 

立ちっぱなしで1日8時間+残業×20日。

これで1カ月額面が19万(大卒)とかですから、内勤の定時で18万貰ってる友達がいれば心も折れます。

 

実際内勤には内勤の苦労もありますが、外目から見ると座って仕事してて給料変わらないなら・・・と考えてしまうのも無理はありません。

 

個人的にはここが高卒や中卒での離職率が高いことの大きい要因と考えています。

 

自分が夏休み・冬休みも少なく働いている中で友達は学校の夏休みで海外旅行満喫!

周りがそういう状態だと「辞めて遊びたい・・・」ってなりますよね。

離職率の高い会社・低い会社の関係性

大卒の離職率30%は平均を取った物なので多い会社もあれば少ない会社もあります。

間違いなく近所の会社はこれより高い(調べたら40%)ですし、逆に10%を切っているところもあります。

リクナビなどの新卒向けサイトには記載がある会社が多いので参考にしました

離職率と人数の関係

まず離職率と比例しているのが従業員数の少なさとなっています。

人数の多い会社ほど離職率が低く少ない会社ほど高い傾向にあります。

 

これの理由として1つは人数が多ければ、多種多様な人が居るので気の合う人やフォローできる上司が見つかる可能性が高いのでしょう。

 

また社内的に人員に余裕があればしっかりとしたフォロー体制も整っていて何かあれば相談しやすい環境だったりするでしょう。

これは先ほどの辞める理由トップに入る人間関係に深く関わってるのではないでしょうか。

 

販売職は採用人数こそ多いですが、店舗配属となると社員は店長だけとかもあるのでしっかりフォロー出来ているかと言うと疑問です。

 

もう一つは単純に分母の差。

従業員数が多い=新卒採用も多い傾向が大半。

100人採って3人辞めたら離職率3%ですが10人採って3人辞めたら30%ですので同じ人数が辞めても数字が跳ね上がります。

離職率の高い業界

これは…世間のイメージ通りでしょう。

やはり接客・サービス・小売り・介護業が高く、インフラ業界やエネルギー業界はかなり低め。

 

離職率が高い業界は会社としてもほとんどが辞める前提で多目に人数を採用します。それも相まって離職率が高くなっています。

 

逆にインフラは居たことないのでイメージですが割と休みがしっかり取れて給料もそれなりに高く、何より安定的なので辞めたがる人が少ない印象。

スポンサーリンク

小売業界は人員不足が限界突破

日本の人口はこれからどんどん減っていくと言われていますが、小売業界は既に人員不足が限界突破しつつあり、「人不足での閉店」と言う驚きの理由も出てきています。

 

晩婚化と少子化に一役買ってる近所です

自慢するとこじゃないぞ!

 職場増えすぎ問題

このブログでもちょくちょく新店の話題をしてますが新しい施設がドンドンできてます。

 

ショッピングモール同士でお客様の取り合い合戦が勃発してますが、同時に従業員の取り合い合戦も勃発してます。

 

最寄りのショッピングモールに行った時にちょっと意識して見てください。

9割以上のお店で【従業員募集】の貼り紙がしてあります。

 

そんな募集するなら正社員採れよ・・・って話ですが

小売りは人件費などがダイレクトに来るため、そこの費用は極力抑えたいので社員ではなくアルバイトで人員を賄い利益を取ると言うのがこれまでの定説でした。

 

しかし近年はそのビジネスモデルも限界に来ています。

営業時間長すぎ問題

ショッピングモールの営業時間は昔に比べドンドン長くなっていました。

食品部門に限れば8時~23時とかもありますよね。

 

ですが、昔のお店って11時~19時が営業時間で21時まで開店していれば「ここは遅くまでやってるのね!」って印象じゃありませんでしたか?

 

他にも定休日があるのが当たり前で

三が日はお休みだから12/30ぐらいに家族総出で買い出しね!

そんな感じじゃなかったですか?

 

お正月のお休みは当たり前だよね。的な。

 

それが今では

え?正月営業しないとか何なの?ヤル気あるの?

と休むのが驚かれるようなレベル。

 

  1. 大量の職場
  2. 長時間の営業
  3. 薄給激務

 

これらが重なり小売業界は転換期に来ており、営業時間の短縮や定休日の復活など無理のない営業モデルになりつつあります。

第二新卒として転職はどうなのか

新入社員が辞めた後は転職している人が大多数・・・・と言うかそうしないと生きていけませんからね。

(中にはフリーランスになったり、家庭に入ったりと言う方もいます)

 

大枠から言うと勤続年数が短いと「第二新卒」と言う枠に入るので転職は比較的しやすい傾向にあります。

第二新卒は未経験にチャレンジしやすい

あなたがIT系の会社の人事だとして

【23歳未経験】と【33歳未経験】の二人の応募があればどっちを取りたいですか?

 

個々人のスキルとかを抜きにすれば間違いなく23歳ですよね。

昔は「入った会社をすぐ辞める奴は続かない」なんて言われて「3年は続けろ」が定説でしたが、最近では【第二新卒に強い転職サイト】もあるぐらい「第二新卒」は一般化しました。

一定年数を過ぎると即戦力のスキル持ちを採りたくなりますので、本当に転職したいと心から考えている場合は早めに転職サイトへの登録をおすすめします。

 

実際私が31歳で転職しましたが、【スキル持ち】が大前提でした。

スキルがあればフリーランスや派遣も

派遣社員と言うと今や「正社員とフリーターの間」みたいなイメージになってしまいましたが、本来は「派遣会社に登録した一部の分野のスペシャリストを派遣する」が派遣社員でした。

 

今の時代で重宝されるのはIT系のウェブエンジニアで、フリーランスとして活躍されている方も多い業界です。

 

  • 一定の職場に囚われたくない
  • ものづくりの設計・開発に自信がある
  • webにものっそ強い!

なんて方は自分の腕一本で稼いでいくこともできるでしょう。

そのまま正社員雇用の道もあるのでスキルがあれば幅広い転職活動も可能です。

IT・WEB・エンジニアの派遣なら、パーソルテクノロジースタッフ

 

以上、新入社員が仕事を辞めたい・辞めるその理由を小売業界の元販売員が解説!でした!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Scroll Up