ライフスタイル

手取り16万の一人暮らし!生活費の内訳と貯金の為の節約法とは!

どうも。一人暮らしも長い独身男近所です(´・ω・`)

一人暮らしって不安と期待が大きいですよね?

 

自由にできる反面お金とかの面が大丈夫かな・・・?って

社会人で初一人暮らしをした際に、毎月かかるお金が今まで見たことないぐらい大きくて「おいおいいくらかかんねん・・・」と不安になり夜な夜な調べ倒した思い出があります。

そんな過去があったので、せっかくブログやってんだし少しでも力になればと公開します!


それぞれの解説を早く見たい!って方は目次から飛んでください。

一人暮らしの出費の内訳

先に内訳を公開しておきます。その後それぞれの詳しい解説を入れていきます。

出費と内容まとめ
  • 家賃・・・5.5万
  • 光熱費・・1万
  • 通信費・・1.5万
  • 食費・・・3万
  • 車関連・・1万
  • 奨学金・・1万

総額約13万円

※これはあくまでもおおよその金額です

家賃:5.5万

よく目安は給料の1/3まで!と言われる家賃ですが、家を借りる審査に通る大まかな基準がこの金額とも、生活していく為のギリギリの基準がこれぐらいとも言えます。

 

1:給料=額面でなく手取りで考えて

額面20万の場合税金などなどで16万ぐらいまで目減りします。

それの1/3なので家賃は5.3万までが妥当…という事です。

 

もし額面で考えると6.6万まで上がるので一か月で1.3万。
年間にして15.6万も違いが出ます。

2:家賃には共益費と保険も掛かる事

ブログ主の賃貸の総額ですが

  • 家賃:4.8万
  • 共益費:3,000円
  • 駐車場代:3,240円
  • 保険:総額の2%(1000円ちょい)
  • 総額:5.5万

 

となっています。

こんな感じで駐車場なしにしても基本家賃+4,000円~を考慮しなくてはいけません。

共益費は共有部分の管理に使われますので、エレベーターとかついてるとちょっと上がったりします。

 

賃貸情報を集めるなら大手が一番です。

中でもスーモはマンションからアパート、一軒家まで幅広い情報が載っており、周辺情報も調べられます。

▼ SUMOで賃貸情報を探すならこちらから ▼

駐車場は田舎なので車必須ですからこのお値段。

最後の保険は最近は必須加入になってきており、借主が払えない際に代わりに保険会社が支払います。(当然後から請求が来ます)

 

昔は連帯保証人を立てて契約が普通でしたが、最近は連帯保証人を頼み辛い、頼める人がいない、保証人が払わない(払えない)ケースが増えていて保険会社の利用が必須になりつつあります。

 

ちなみに連帯保証人います!って言ってもダメでしたので必要経費と割り切っておきましょう。

 

少しでもいい物件が見つかりますように・・・賃貸を見るときに覚えておきたい事や、一人暮らしスタートで掛かるお金をまとめてます。

経験者が語る賃貸で騒音など気を付けるべきポイントと注意点【便利なアプリ紹介】

一人暮らしの賃貸契約に必要なお金は10~40万円!支払金額例を公開

光熱費:約5,000円~1万

電気(1,000~3,000円)

賃貸の場合は電力自由化で賃貸会社が一人暮らし向けのプランを独自に用意していたりします。

追記:利益が取れないのか撤退しまくってます。

 

詳しくはこちらの記事で

電力自由化の恩恵は一人暮らしにもあるか?電気料金比較!

 

一人暮らしだとそこまで電気を使いまくることはないので、電気代についてはあまり深く考える必要はないと思います。

 

冬は特に暖房器具を色々使うのでちょいお高くなります。
※参考…2月度 約3,000円 10月度 約1,000円

こたつをほぼ毎日、エアコンは気分で。

 

寝るときに電気毛布と朝の着替えに赤外線ヒーター使用、電器は全てLEDを使ってます。

ぶっちゃけここのあまり節約は意識してません。

ガス(3,000円~5,000円)

田舎だとコレが鬼門。
大体プロパンなのでめちゃめちゃ高い

 

基本使用料800円近く+1m^3あたり700円とかザラ。

 

こんな単位で言われても分からん!と言う方に。

一度測ったことあるんですが1回風呂沸かすのに大体0.3m^3。

3回入浴すれば1m^3近くになります。

仮に毎日風呂沸かせば10m^3なので8,000円近くなります。

 

そこに普段の料理や家事でも使いますがガス代の大半は入浴時の給湯ですので気にせず入るとドエライ事に。

 

大体敷地内にガスタンク置き場があるので自由にプロパンガスも選べません。

熱量は都市ガスの2倍!とか言ってますが使用料が2倍どころの騒ぎじゃない(´・ω・`)

 

自分はシャワー→シャワー→風呂ぐらいのサイクルです。
男なのでシャワーも短いですがそれでも毎月3,000円は余裕で超えます。

水道(月:約1,500円 2か月毎支払いで約3000円)

水道代は地域により値段が違うので住む地域の水道局を確認してみて下さい。

ちなみに一人暮らしだと普通にしてれば基本使用料を超えることはほぼあり得ません。

 

上下水道は2か月での支払いで大体3,000円程。

たまに水道代月2,000円とか書いてる賃貸ありますが一人暮らしだと損な場合が多いです。

安そうに見えて実は罠なのでご注意ください。

通信費:1万5,000円

ネット回線(5,000円)

ネットなんて必要ねーわ。
って方はバッサリカットできる項目。

 

個人的にネット回線使えないとか考えられないのでこれは必須項目です(´・ω・`)

スマホ料(8,000円)

電話は全くしないのですが外でネットにつなぐことが多く、格安SIMだと通信制限にすぐ引っかかるので、この値段非常に悩んでます。

 

格安スマホで構わないなら5000円は削減できそう。

NHK月約2,000円(2ヵ月に1回で約4,000円)

受信料不払いとか色々面倒なので支払ってます。

賃貸だとBSが見れるようになってることが多いので割高になってしまう傾向が。

野球好きなのでレギュラーシーズンはBS放送見れてちょっと嬉しいんですけどね。

 

元関西の方必見!関西のお笑い番組が定額で見れるアプリ

関西出身の方はいつも見ていたお笑い番組が懐かしくなります。

そこでおすすめなのが「大阪チャンネル」と言うアプリ。

月額480円で大阪のお笑い番組が見放題です!1週間無料なのでお試しにも是非

関西のテレビ番組が全国どこでも見放題【大阪チャンネル】がアツい!

食費:約2~5万

幅が広い理由は自炊の有無です。

自炊した場合はよっぽど贅沢しない限り月2~3万でおさまるでしょう。

 

無理に料理しなくても普通にご飯炊いて、おかずはレトルトとか使っててもこれぐらいになります。

 

しかしこれを外食に替えると一気に値段が変わります。

  • 昼がコンビニ飯で500~600円
  • 夜に外食したら800円~1000円

 

仕事の際はコレを毎回と考えると
1300~1600円×20~22日=26,000~35,200円

となります。

 

この他に飲み物買ったり、お菓子買ったりもするでしょうから+α発生します。

晩酌が好きな人だともっと加速するのではないでしょうか。

車関連:6,000円(保険)+3,000円(ガス)

田舎なのでここの出費はどうしようもない。車なかったら生活が超不便。
(終電22時台、1時間に1本、駅まで徒歩20分)

 

その分都会に比べ家賃が安いですけどね。
車の維持費とか考えたら結局総額は変わらないか下手すりゃ高い

 

保険は車両保険など削ってます。

あ、車本体は現金一括でお支払いしたので私の場合無いですが、もしローン組んでたら毎月数万での出費増です。

 

固定ではないので省いてますが、車検や毎年の税金も数万単位で発生します。

  • 車検=5~10万
  • 税金=34,800円(普通車)

 

メリットとしてはお買い物がまとめ買いできますよ。
自分はペットのお茶とか箱で買ってます。早々腐るもんでもないし。

 

自転車では無理な量も車だと楽々ですね。
※アパートの階段などは別問題(´・ω・`)

奨学金:月約8,000円+ボーナス月は約5万

出来ることなら一括で払った方が良いんですがそんな貯えも無いので・・・。

特にボーナスが寸志になった今、ボーナス月は5万が超痛い。

 

と言うかこれでボーナスほぼ消えるし(´・ω・`)

万が一ボーナス無しとかになれば血の涙を流す事に。

総額:約13万

出費と内容まとめ
  • 家賃・・・5.5万
  • 光熱費・・1万
  • 通信費・・1.5万
  • 食費・・・3万
  • 車関連・・1万
  • 奨学金・・1万

総額約13万円

※これはあくまでもおおよその金額です

 

見ての通りここには日用品や交際費、趣味のお金などは入ってません。

日用品はトイレットペーパーや洗剤など必要な月と不要な月が激しいジャンル

交際費は飲み会が多い12月などは増えるでしょう。

 

趣味も人によりさまざまですが、お金が掛かる趣味だと手取り16万では少々厳しくなってきます。

スポンサーリンク

食費を節約するのが一番効果的だった

日常でどこを節約するのが一番かを考えると、やはりどこでも言われている「食費を削る」が一番効果があります。

しかし闇雲にやっても断念するのが目に見えています(実体験)

 

継続するポイントは【我慢する所】と【我慢しない所】を明確に分ける事で節約につながります。

食費を手軽に削るお弁当

おすすめは【晩御飯を自炊して翌日のお弁当に流用する】ですね。

 

これが一番効果的だと思います。

パック売りのお惣菜のもと(野菜炒めのもととか)は2~4人前なので、1パック使って晩御飯+お弁当に入れる。

 

ご飯は大きめ炊飯器でたっぷり炊いておきましょう。

タイガーのおすすめ炊飯器!土鍋コーティングの【JPC-B1】の口コミレビュー!

 

真似しないで欲しい食費削り

ちなみに過去にどこまで削れるかってので

  • 昼は弁当(冷食オンパレード)&水筒持参
  • 夜は麺類と納豆や卵ご飯のエンドレスワルツ

 

味気もへったくれも無い食生活は半月で嫌になりました。

あのまま続けてれば1万ちょっとで済みそうですが心が荒みます。

 

食費の節約で大事なのは【我慢しない】

あれもこれも我慢すると絶対途中で嫌になります。

1を0にするのはめちゃくちゃなストレスですが1を0.5にすることでストレス解消と継続の両方が出来ます。

 

こんだけ我慢続けたし一回ぐらいいいか・・・とやってしまうと一気に総崩れします。

これは実体験しました。

 

合言葉は【外食は控える、買い物は控えない】

1を0.5にする具体例として、お刺身など一人暮らしでは【コスパの低い物でも食べたかったら買う】

その代わり外でラーメン食べたくなっても我慢、コーヒー飲みたくても我慢する。

 

これを実践しています。

ラーメンを外食したら800円ですが、家で具材モリモリでインスタントなら500円もあればお釣りが来ます。

 

光熱費は節約効果が薄い

もう一つよく言われる光熱費ですが、この項目が月3万円とかの人はさすがに見直しが必要かと思います。

 

しかし私のようにすでに1万円以下の方はココを頑張って削ったところで、もはや数百円の世界ですし個人的にする必要ないと思ってます。

家賃の負担は大きい!必ずよく考えて契約しましょう!

1か月5,000円家賃が違えば1年で6万円もの出費差になります。

こちらでも詳しく書いていますが、契約時に大きな負担がかかる家賃はそう簡単に削れません。

賃貸の内覧で絶対チェック!部屋探しを失敗しないためのポイント

一人暮らしの賃貸契約に必要なお金は10~40万円!支払金額例を公開

 

しっかりと計算・熟考してから賃貸は契約しましょう。

住宅情報の比較をするなら情報量の多いサイトで行いましょう。

中でもスーモはマンションからアパート、一軒家まで幅広い情報が載っており、周辺情報も調べられます。

▼ SUMOで賃貸情報を探すならこちらから ▼

買い物や固定費の支払いはクレジットカードを使う

意外と見落としがちなのがこの節約。クレジットカードを使うのは節約になります。

特に固定費(家賃・光熱費)の支払いがカード払いできるなら絶対やりましょう。

 

お得になるカード支払いの例
  • イオンで1万円買い物した時にWAONで支払えば50ポイントが還元されます
  • 街中で1万円買い物した時に楽天カードで支払えば100ポイントが還元されます
  • 家賃5万円を楽天カードで支払えば毎月500ポイントが還元されます

 

家賃1年間を楽天カード支払いした場合は実に6,000円分のポイントが貰え、楽天市場や街中で現金同様に使えます。

 

実際に固定費の支払いや買い物の支払いを極力楽天カードにした結果こうなりました。

楽天ポイント取得2016~2018

※2018.08時点の獲得ポイントです。

※2016.07に転勤があり家賃がカード支払いできるようになったので2017年から跳ね上がりました。

 

クレジットカードで悩んでいる方は一度楽天カードをご検討下さい。



一人暮らしで楽天カードが最強な理由はポイントの貯まりやすさと街中で使えること!

 

学生さんなら通常の楽天カードよりもお得な楽天学割も同時に使いましょう!

年会費無料で楽天市場での送料が無料になったり、旅行のクーポンがもらえたりします。

15~25歳の学生限定で学生証のアップロードが必要ですが、めちゃくちゃ魅力的・・・。

 

登場があと10年早ければ・・・・っ!

 

▼ 詳しい説明はこちらから ▼

【学生限定】楽天学割




買い物が我慢できない人は諸刃の剣

節約の一環で【カードを持つな!】もありますが、間違いではありません。

 

現金で2万円支払う時の心境と、カードで2万円支払う時の心境は絶対違います。

実際に財布からお金が出ていくのを見ると危機感を持ちます。

 

街中の買い物が我慢できる自信がない場合は固定費の支払いのみカード支払いに留めておきましょう。

スポンサーリンク

一人暮らしで貯金をする具体的方法

強制的に貯金に回す

自動的に貯金する力業。嫌でも貯金できます。

社会人でしたら外形貯蓄と言う方法があります。会社によってはそういう制度が無い場合もあるので要確認。

 

学生さんや制度が無い方は自力でもなんとかできます。

それが定期預金と言うもの。口座から決めた額を貯金していくと言うものです。

 

普通の口座と異なり、基本おろすことはできません がその分金利が高めに設定されています。

個人的なおすすめは一人暮らしでイオンをよく使うと言う前提でイオン銀行です。

 

詳しくは別記事を作りましたのでどうぞ。kinjyo8835.com

収入口を増やす

完全に裏技ですね。学生さんとかでしたら掛け持ちとか。

社会人でしたら副業と言う形。副業禁止の企業も多いので要確認。

 

ちなみにバイトはほぼ100%バレます。

抜け道はブログやせどりなど会社を経由しない収入です。

 

年間20万を超えると確定申告が、以下でも住民税の申告が必要なので要注意

副業所得20万以下は住民税の申告が必要!経費や書類・申請方法を解説!

 

これもグレーを通り越してダークゾーンですので声を大にしておすすめ!とは言えません。

まぁ・・・本業の収入が増えれば全く問題ないんですが、このご時世ガッツリ削られてるので望み薄。kinjyo8835.com

 

収入は全く安定はしてないですし、時給換算したら真っ青になりますけどね。

 

以上!【手取り16万】一人暮らしの生活費の内訳と失敗談。貯金は出来る?でした。

国内旅行をお得に予約できるサイト

汎用性の高いポイントとクーポンが魅力の楽天トラベル

お得にホテル・旅館を選ぶならポイントを考えて楽天トラベルが安い!

 

オリジナルプランもOK。特別な旅行を楽しむにはRelax

特別な大人旅にプロ厳選の旅館・ホテルの予約が出来るRelux!

 

新幹線・飛行機・レンタカーを一気に予約できるるるぶトラベル

ホテル・旅館予約の選び方!新幹線を使う場合はるるぶトラベル!

POSTED COMMENT

  1. masa_mn より:

    他の人、特に同年代の男性の支出は凄く興味があったので面白かったです。
    ちなみに僕は家賃4.0(5.5)、光熱費0.8(1.0)、ネット0.5(1.5)、食費3.3(5.0)、車0.0(0.9)という感じです。(単位:万円、()は近所さん)
    僕も食費3.0以下に抑えるために食費専用の家計簿をつけていますが難しいですね。
    なお、僕の場合は食費よりも飲み代4.0のほうを削りたいですが、それを削ると楽しくないっていう…。
    近所さんの数値を見ると節約の余地がないように思いますので、ブログで活躍されるほかないのかなと思ったりもしています。
    現場からは以上です。

  2. masa_mn より:

    近所さん
    現場から報告です!
    ネット0.5はYmobile3GBの利用料(0.25)+端末代(0.2)です。
    ネットは会社のiPhone7GBをテザリングしたり、無料のWiFi(マックなど)を使ったりして自分では契約しないで過ごしていますよ~。
    車はなにかと固定費がかかるのできついですよね汗

  3. kinjyo8835 より:

    id:masa_mnさん
    なるほど・・会社スマホのデザリングはいいですね!うらやましい!
    そうなんですよね…。ただこの辺は車ないと生活の制限が辛すぎて・・・orz

  4. Evan Manno より:

    はじめまして、エバンと申します。
    コメント欄から大変恐れ入りますが、
    貴サイトを拝見し是非、話題の賃貸アプリ案件のご掲載をご提案させていただけないでしょうか。
    弊社はアプリに特化した完全クローズド型ASPを運営しており、
    ご興味ございましたらご連絡いただけますと幸いでございます。
    お忙しいところ恐縮ですが、何卒よろしくお願い致します。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA